受付時間
9:00~18:00
 定休日  
なし(不定休)

お気軽にお問合せ・ご相談ください  

090-9716-9034
「その1」の続きです

DIY初心者ヒント集その2

サブバッテリーシステムの計画について書いてみました 3/28

熱心に取材中のIさま

先日、I様ご夫妻が無料見学に参加されました。主なご質問はサブバッテリーシステムについてでした。ご説明した内容を整理して記事にまとめましたのでご参考にしてください。

個人的見解ですが計画に必要なポイントは以下の3点です。
1.自宅同様に家電を使用しない工夫をする
2.高価なリチウムバッテリーは時期尚早である
3.ソーラーパネルを使用すると洗車機が使えず不便である

 

詳細はメールでご相談ください
南房総「くるま旅」行ってきました 2019/3/15

道の駅 「保田小学校」です

ぶらりと「くるま旅」に行ってきました。旅の目的はテレビショッピングで買った羽毛布団と敷きマットレスのテストです。私は腰痛持ちなのでマットレス選びには慎重です。慎重になり過ぎて狭い車内がさらに狭くなるという弊害に悩まされています。昨年の3週間に及ぶ北海道への試験走行のさいも大きな課題になっていました。
詳しい報告をいたしますのでお楽しみに!

「くるま旅」と時間の過ごし方 2019/3/10

「くるま旅」の計画中に思い描く貴方の旅のワンシーンは何ですか?
湖畔でのブラックコーヒーそれとも温泉後の冷たいビール?ひとそれぞれの素敵なワンシーンがあると思います。今日は憧れのワンシーンではなくて現実の「くるま旅」について考えてみましょう。
 まず車中泊の運転時間ですが一日当たり4時間くらいが妥当ではないでしょうか。移動距離にすると高速を利用する場合は400㎞前後、一般道を利用する場合は160km前後だと思います。もちろん目的地まで長時間運転をする場合もあるでしょうが、それでは「くるま旅」を満喫できないと思います。幹線道路は早朝と夕方のラッシュアワーを避けるのが賢明です。こちらは遊んでいるわけですから通勤の方々に遠慮し空いてから走行するほうがストレスが無くて良いものです。次回は「くるま旅」の時間割について考えてみます。

「くるま旅」と携行品問題  2019/3/09

元来、私は旅行するとき携行品が多くて困るたちです。

よって本、書類、パソコン、カメラ等々旅の目的以外のものを旅行鞄に詰込む習性があります。現役時代は同僚の軽快な旅支度に羨望の眼差しをむけたものでした。「くるま旅」を始めるにあたり「携行品問題」から解放され、これからは好きなだけ何でも持っていけると小躍りして喜びましたがこれは間違いでした。

第一に「重量超過」は燃費の低下に直結しますし第二に積込んだ携行品が多種にわたると見付け出すのが手間です。それでは最適な携行品を詰め込むコツとは・・・・ですが私自身まだ結論に至っておりません。
今は「くるま旅」を終えるたびに不用品を選別し車外に搬出するという消去法を実践しています。いつの日かみなさまに「最適携行品リスト」を発表できると考えています 

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-9716-9034
受付時間
9:00~18:00
定休日
なし(不定休)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

090-9716-9034

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報

2019/6/09
特別企画始めました‼
2019/4/20
ブログ始めました
https://caravandiy.club
2018/10/04
ホームページを公開しました

お客さまの声

可愛いお客様です

小学2年生のAちゃん

パパと一緒の訪問です。すっかりキャラバンを気に入ってくれました。

無料見学に来られた
Iご夫婦

50代男性 Iさま

このたびは、サブバッテリー関連のご質問を頂き有難うございました。今後、サブバッテリー関連の記事を掲載させていただきます。

お客さまの声はこちら